二度酔い

昨日は週一度のお休み。
3時過ぎに家を出て、かみさんと久しぶりに映画を見に行ってきた。今年に入ってから何度目だろう。たぶん片手で余るほど。(元)映画評論家としては形無しである。

「トイレット」。
この女性監督、前作の「かもめ食堂」がそうであったように、舞台は外国、その中に生活する日本人女性という設定で映画を撮っているのが注目される。
舞台はアメリカの地方都市の小さな家。亡くなったママが死の直前日本から呼び寄せた(バーチャン)と三人兄弟妹の何気ない?日常と再生を描いた、当世風に言えば癒しの物語。
バーチャン役のもたいまさこの台詞はせりふはたった一言、「モーノー、クール」。
相変わらず目がこわいもたいの怪演を含めて充分以上に楽しませてくれる佳作だ。

映画がはねた後は近くの刺身居酒屋へ。僕にとっては初めての店で、チェーン店ではあるが充分以上の満足度。飲んだ酒は三合足らずだがほろ酔い以上。10時前に家に着いたのだがたちまち夢の中へ。

で目が醒めたらなんと1時半。もちろん午前。で仕方なく?今度はウィスキーを飲み始め、ちょこっとした肴を作ったりしているうちに夜が明けてしまった。これだから早寝しすぎるのはまずいのだが、まあいたしかたなし。
今日は店で寝ていよう???
[PR]
by fuutaro58 | 2010-09-21 15:54