東京台東区は谷中から石垣島へ。


by fuutaro58
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

59歳最後の1日

今日は朝から雨模様、の中を仕入れに大忙し。
昼食を挟んで、午後からは図書館に行って池波正太郎、鬼平犯科帳シリーズ8巻から12巻を返却、ついでに13巻から17巻を借り受け、その足で沖縄のアンテナショップに行き、シークワーサージュースを購入(今ポイント2倍になるのです←主婦感覚は誰にも負けない)、続いて店にそれらを搬入、かわりにCDラジカセを自転車の籠に乗っけておどおど、びくびく、よろよろしながら、家に持って帰った。
このラジカセ、店に置かれてBGMを担当していたのだけれど、昨日突然お客さんのB子ちゃんからテレ、
「ミニコンポはいりませんか」の問いに、熟考30秒「遠慮なくいただきます」、の結果、不要となり、我が家のわが寝室が新たな赴任先として選ばれたわけなのだ。

実はこのCDラジカセ、やはりお客さんのAさんが高校時代に使っていたもので、家で埃を被っていたのをありがたく頂き、リユースさせてもらっていた。これ、古いが中々の優れものらしく、CDラジカセ市場(そんなものがあればの話)では高値を呼んでいるらしい??。であるからして? 何の不満もなかったのだが、そこはそれ、悪徳商人三河屋の血を引く強欲な小生は「むふふふふ」とばかり、娘をかどわかし、手篭めにしたような快感に浸った次第、なのである。

ま、冗談はともかく、交換したわけではないから、わらしべ長者ではないけれど、なんかものすごく得した気分であることに間違いはない。
実際昨夜B子ちゃんと視聴した限りでは、
「これなんか音質良くない?」
「私もそう思います」
っていうぐらいで、確実にグレードはアップした。
しかしそんなこんなで、身体を休めるつもりでいた時間があっという間に過ぎてしまった。

そう今日は59歳最後の1日なのだ。
これまで二十歳の時、三十になった時、そして、四十も五十も、それぞれの節目にあたってそれなりの感慨を持って迎えたが、還暦はまたそれらとは一味も二味も違うような気がする。
先日立松和平氏が亡くなった。忌野清志郎氏の時もそうだったのだが、同世代の人たちの訃報を耳にするに付け、「死」というものが非現実の世界ではなく身近な存在として徐々に姿を表しつつあり、その節目としての還暦が今目の前にあるからだ。
爺になるということは、結局そういうことではないか。それを自覚しつつ残りの命の火を燃やし続けていく、その覚悟を己が身に刻印すること……。

明日からタバコをやめようかしらん。
[PR]
by fuutaro58 | 2010-02-15 15:32

還暦

になる。
庚寅、五黄の寅が60年ぶりに巡ってきたということになる。
私が最初に勤めた出版社の社長から「五黄の寅年の男は支配者になるか、ルンペンになるか」と言われたことを思い出す。ちなみに韓国の企業では会社の社長の70%がこの歳生まれだそうだ。
年齢的なものを考えればそんなに特別だとも思わないけれど、まあ悪い気はしない。もっとも僕の場合は支配者ではなくもうひとつの方に近いと思われるが……。なお女性のこの歳生まれは、丙午と同様に忌み嫌われたらしい。強すぎて男の頭が上がらない、というような意味合いだろうが、今の世の中、そのくらいのたくましさがあったほうが、むしろ生きやすいともいえる。

しかし、それにつけてもあっという間の60年間だったような気がする。その言葉自体あまりに陳腐で気恥ずかしいけれど、実感ではある。特に40を過ぎてからの早いこと早いこと。その伝からすると、仮にあと20年生きられたとしても、何ほどのこともないと思うし、まただからがゆえに、残りの日々を大切に、とも思う。

話は変わるけれど、最近衰えたように思う。何が? 聞くなおぬし。決まっておるではないか。
少なくとも一昨年まではそんな気配はさらさらなかった。俗に歯・目・魔羅といい、歳をとって力を失っていくものの代表格。つい先日までは歯と目はともかく……、と言って憚らなかったものが、ついにやってきてしまったのか? 今のところ機能がどうのこうのというより、気持ちの部分なのだが、いい女を見ても想像力が働かない。もっとも家に一匹鬼を飼っていて、それがゆえに、と言うこともないではないが、この鬼、退治する気になれないのだからしょうがない。
ある日この鬼いわく「あなたはあと二回浮気する気がする」とのたまわった。
てことは、二回は許してくれる、と言うことかしらん、などと妙に嬉しくなったものだが、考えてみれば、あと二回、どころかまだ一回もしていないのである。
「これが年貢の納め時」、と言えればいいのだが、30歳の時、「一生女から男として見られる生き方をする」と誓った身には、それは辛い、と言うより悲しい。寂しい。

まあ、戯言ではある、ゆえに諸兄、許されよ。諸姉、慰めて頂戴。
[PR]
by fuutaro58 | 2010-02-03 12:39