東京台東区は谷中から石垣島へ。


by fuutaro58
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

石垣日和


 11月12日、晴れ(9時15分現在)。
 東側に雲の塊が見渡せるけれど、雨雲ではない。気温28.5度。微風、波高はおよそ1.5メ-トル。微風というのは実は石垣島では珍しい。塩分を大量に含んだ風が金属をすぐ錆びさせるので、アパートのエレベーター横には管理会社の「エアコンの室外機に放水して清掃を促す」注意書きが貼られているほど。実際、買ったばかりのステンレス製の物干し竿にはもう錆が浮いている。
 今日は車の試乗に出掛ける予定。聞けば三河ナンバー(僕の故郷)の中古車らしい。なんでも石垣に来るそれは愛知のものが一番多いそうで、これも何かの縁かも。買うことになれば、錆びないよう、せいぜいメンテナンスに気をつけなければ。

 八重山はとにかくいろいろなイベント→お祭りが多い。11月1~2日には石垣島祭りがあったが、15,16日には竹富島で種取祭が開かれる。八重山屈指の大祭で、奉納芸能などイベントが盛りだくさん。毎年小さな島が、人であふれかえる。勿論すでに宿は満杯状態だろうし、行ってもどれだけ楽しめるか???、ただいま思案中。そうそうこの竹富島にまた豪華リゾートホテルができるらしい。10数年前、西表にリゾートホテル「ニラカナイ」ができたときには反対運動がかなり盛り上がったが、今度はそうした話しは聞かない。今年に入って石垣には「石垣リゾート」がオープン(一室一泊10万円の豪華コンドミニアムだそうで、コテージ風の客室はバリのそれなぞを彷彿させる)、とにかく、この10年の開発の勢いは驚くべきもので、それを新空港開港が後押しした形。
 「石垣バブル」と言ったのは知り合いの飲み屋の親父だが、別の親父は、「新空港開港以来観光客は3割り増し」。つぶれかけていた居酒屋が息を吹き返し、今や週末など「居酒屋難民」であふれかえっている状態なのだ。で、リゾートホテルの建設ラッシュ、は勿論のこと、観光客相手の新しい小洒落た店が次々オープンしている(多くは僕のような、東京大阪からの移住民が経営)。そのことの良し悪しはともかく、僕のような古い八重山ファンが、いささか寂しさを覚えるのは否めない。
 何もない、何もないことが素敵で、貧しいかもしれないが素朴で暖かで、何より豊かな八重山が消えてしまうのではないかとひそかに恐れているのだ。
 今年6月こちらに移住する際、年内には小さな店を、と思っていたのだが、ひとまずは静観のスタンスを取ることに……。ひとつには僕が希望するような物件が中々でないことがあるのだけれど、こうした浮ついた中で商売するのが今ひとつ意に染まないからだ。おかげさまで少しばかり時間的な余裕をもてるので、立地等もう一度じっくり考えてみようと思う。
 そう仕事といえば、ライターの仕事が復活するかもしれない。映画評論家の友達に、移住前一本原稿を頼まれていて、そのきっかけというか、月内に石垣市主催で3回目の映画祭が開かれると聞き及んだからだ。もうそんなに間がないというのに、ポスターさえ見かけなく、市庁舎に幟が掲げられているだけ。なんとも八重山らしい呑気さだが(こういう感覚が実は好き)、具体的な姿が見えたら取材を申し込んでみようと思っている。

 ということで後日談など近々に。
[PR]
by fuutaro58 | 2014-11-12 14:08