東京台東区は谷中から石垣島へ。


by fuutaro58
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

死をみつめて

「死」への想いを初めて形に表したのは二十歳のころのことだったように思う。
 同人誌、というのも恥ずかしいような小冊子に書いた小説のようなもので、タイトルとかも忘れてしまったのだけれど、”死に至る意識の過程”を想像してみようという試みだった。具体的には、ビルの屋上から飛び降りて、地上に激突するわずかコンマ何秒かの時間の中に自分は何を見、何を感じるのか。
 そのころの自分はといえば、バリケードの中に身をおき、生まれて初めて現実的な「自らの死」というものが視界に入ってきたときであり、それに真正面から向きあおうと言う気持ちと、すぐにでも逃げ出してしまいたいという心の揺れの真っ只中にいた。その狭間で、唯一、人がその人生の中で選択でき、かつやり直しのきかない経験である「死」を、「死に至る過程」を、意識化、相対化できないかと妄想したわけだ。
 方法論として浮かんだのは絶対的な死を目前としたコンマ何秒の世界。そしてもうひとつ、緩やかに死に至る過程を自覚的に描く「餓死」の世界(その後IRA(アイルランド共和国軍)の活動家が牢獄でハンガーストライキ→餓死を選んだというニュースが流れたことがある)……。

 それから40年余り。死は形を変えて可視化しつつある。今や秒読み段階に入っている母の死。それに付き添いながら、ふと周りを見ると屍予備軍とも言うべき老いの群れ、「死」の順番待ちをしている人々の群れ……。勿論人はあまねく死に至る過程としての生を生きているわけだが、そこにあるのは「生」の輝きをはるかに凌駕する「死の影」。
 母がこの施設に入居してまだ間がないころ、「お友達を作ったら」という私の呼びかけに無言で下を向いていた。いくらか親しげに彼女に話しかけてくる女性たちがいて、まだまともそうな人たちに見えたのだが、なぜか拒絶する母。やがて、
「合わないから」。
 施設に入居しても化粧を欠かさず、本が読めなくなったと悲しむ母、そうした彼女の精神性が拒絶という形を呼び起こしたのだろうか。
「もう充分過ぎるほど生きたから」。一見「死」を受け入れる態勢が整ったように見える言葉の端から、ここに横溢する死の影を振り払おうとする彼女の生を見たような気がした。
 そして自らもそのとば口に立っていると自覚せざるを得ない自分自身。

 森田芳光氏が亡くなった。調べてみると、僕と誕生日が3週間しか違わない。新作を撮り終えたばかりの「死」。「戦死」という言葉が視界をよぎる。「ブラックレイン」を撮り終えた直後に逝った松田優作とダブって見えるその死。松田もやはり同学年。
 もういまさらという感じの同世代の死ではあるが、自分の「現在」と照らし合わせてみたとき、交錯する思念の中に浮かび上がってきたのが「姥捨て伝説」だった。
 一般には貧しい山村での悲劇と捉えられている姥捨て伝説、しかしあれはもしかしたら松田優作にも森田芳光にもなれない”私”たち(死の順番待ちを拒否する)の唯一の選択肢かもしれないと。その時期を決めるのは自分自身であったとしても。
[PR]
by fuutaro58 | 2011-12-22 12:43